2012年09月17日

LEXUS、パリモーターショーに「LEXUS LF-CC」を出展

  LEXUSは、フランス・パリで開催される2012年パリモーターショー*1 (9月27日、28日:プレスデー、9月29日~10月14日:一般公開日)にミッドサイズクーペのコンセプトカー「LEXUS LF-CC」を出展する。
「LEXUS LF-CC」
「LEXUS LF-CC」
  LF-CCは、将来のLEXUSラインナップに加わるスポーティエントリーモデルを示唆するコンセプトカーとして、空力・冷却性能に配慮した躍動感ある外形デザインを実現している。インテリアは、上質かつ走りを予感させるデザインとするとともに、メーター・ナビゲーションなどのディスプレイゾーンと、シフトレバー・リモートタッチなどのオペレーションゾーンを明確に分離し、視認性・操作性に配慮した室内空間を構成している。

  また、パワートレーンには新開発直噴2.5Lエンジンと2つのモーターを組み合わせた“レクサス・ハイブリッド・ドライブ”を採用し、LEXUSのミッドサイズFRクーペにふさわしい優れた走行性能と高い環境性能(CO2排出量100g/km*2)を両立させている。


*1 正式名称:Mondial de l'Automobile 2012
*2 目標値(EU複合モード)

以上

LEXUS LF-CCの動画はこちら LEXUS LF-CCの動画はこちら