2012年07月31日

LEXUS、新型LSをワールドプレミア

― 世界最先端PCS*1、AHS*2、BSM*3等の先進技術を採用 ―

  LEXUSは、7月31日(現地:7月30日)、米国サンフランシスコにおいて、マイナーチェンジした新型のLS460、LS460L、およびLS600hLの北米仕様車を公開した。

  新型LSは、今回のマイナーチェンジで「熟成の極み」と「革新の融合」をキーワードとし、次世代LEXUSの方向性を確立すべく大幅な進化を遂げた。具体的には、モダンさと威厳を兼ね備えたデザインや、エモーショナルな走りをもたらす基本性能のほか、世界最先端の先進安全技術の採用により、LEXUSのフラッグシップにふさわしい正統派プレミアムセダンへと進化している。
LS460(北米仕様) LS460(北米仕様)
LS460(北米仕様) LS460(北米仕様)
  車両概要は、以下の通り。
LEXUSフラッグシップにふさわしいデザイン
  フロントフェイスの象徴「スピンドルグリル*4」を採用し、力強く毅然とした表情に代表されるモダンさと威厳を兼ね備えたエクステリア
水平基調のモダンデザインでエモーショナルかつ品格あるインストルメントパネルに、12.3インチのワイドディスプレイやリモ-トタッチの設定により、進化したドライビング空間を創出
走りの熟成と進化
  スポーティな走りを追求したLS460 F SPORTを新設定。ローダウンエアサスペンション、トルセン®LSD、アクティブスタビライザー*5などエモーショナルな走りをもたらすF SPORT専用装備を搭載。また、グリル&フロントバンパーや本革スポーツシートなどの専用内外装を採用
世界をリードする先進技術の採用
  ミリ波レーダー、ステレオカメラ、近赤外線投光器により、歩行者にも対応する夜間検知性能と衝突回避を可能とした、世界最先端の衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム
カメラにより先行車や対向車を検知し、そのエリアだけ遮光して他のエリアをハイビームで照射することで、前方車両を眩惑することなく自らの前方視界確保を支援する AHS*2
自車と並走する車両をレーダーで検知し、サイドミラーの死角に入るとインジケーターの点滅により注意を喚起し側方確認を支援する BSM*3
  なお、新型LSの日本での発売は、本年10月を予定している。
 
*1. PCS: Pre-Crash Safety System
*2. AHS: Adaptive Hi-beam System
*3. BSM: Blind Spot Monitor
*4. スピンドルグリル: LEXUSの独自性を継承した逆台形のアッパーグリルに、台形のロアグリルを組み合わせた
スピンドル形状のグリル。空力・冷却などの性能向上を活かした造形とし、スタイリング上の特徴をさらに進化させた
*5. LS600h F SPORTに設定。LS460 F SPORTには設定なし
[LS460(北米仕様)主要諸元] (括弧内は460L)
全 長 mm 5,090(5,210)
全 幅 mm 1,875
全 高 mm 1,465
ホイールベース mm 2,970(3,090)
エンジン 種類   4.6L V型8気筒ガソリン
最高出力 kW[HP]/rpm 288[386]/6,400
最大トルク N・m[lb・ft]/rpm 498[367]/4,100
トランスミッション   8 Super ECT
駆動方式   2WD(FR)
[LS600hL(北米仕様)主要諸元]
全 長 mm 5,210
全 幅 mm 1,875
全 高 mm 1,480
ホイールベース mm 3,090
エンジン 種類   5.0L V型8気筒ガソリン
最高出力 kW[HP]/rpm 290 [389]/6,400
最大トルク N・m[lb・ft]/rpm 521 [385]/4,000
モーター 最高出力 kW[HP] 165 [221]
最大トルク N・m[lb・ft] 300 [221]
システム 最高出力 kW[HP] 327 [438]
トランスミッション   電気式無段変速機
駆動方式   AWD(4輪駆動)

以上

詳細情報につきましてはこちらをご覧ください。