2012年04月25日

LEXUS、CT200hがJNCAP 新・安全性能総合評価で
最高ランクの「ファイブスター賞」、「大賞」を獲得

  LEXUSは、CT200hが自動車の安全性能を試験・評価する平成23年度自動車アセスメント(以下、JNCAP)において、最高ランク5★のクルマに与えられる「JNCAP新・安全性能総合評価ファイブスター賞」を獲得したと発表した。更に、CT200hが対象車のうち最も安全性能が高いクルマと評価され、「JNCAP大賞」も獲得したと発表した。平成23年度から導入された新・安全性能総合評価に基づく同賞の受賞はCT200hが初となる。
CT200h
CT200h
  新・安全性能総合評価は、衝突時の乗員保護性能と歩行者保護性能を合わせ、車両の総合的な安全性を点数に応じ1~5★の5段階で評価。CT200hは、衝撃吸収ボディと高強度キャビンのほか、むち打ち傷害軽減シート、8個のエアバッグなどにより、高い乗員保護性能を実現。さらに、最新の歩行者傷害軽減ボディ構造などの採用により、優れた歩行者保護性能を実現することで、最高成績を獲得した。

  LEXUSは、今後も日本発の「真のグローバルプレミアムブランド」として、安全と安心を追求し続ける。


【ご参考】
<自動車アセスメント(JNCAP)>
国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が、安全な自動車の普及を促進する目的で、平成7年度より公表している自動車安全情報。現在市販されている自動車の安全性能について衝突安全性能試験、歩行者頭部、脚部保護性能試験、ブレーキ性能試験などによる評価を行い、結果を公表している。

以上