2011年11月21日

LEXUS、広州国際モーターショーに次期GS250を出展

  LEXUSは、11月21日から28日<21日:プレスデー、22~28日:一般公開日>に開催される中国の広州国際モーターショーに次期GS250を出展した。

  次期GS250は、先に発表した次期GS350、GS450hと並ぶ、次期GSラインアップの3つ目のモデルである。次世代LEXUSデザインの記号性を示す「スピンドルグリル」、一新されたプラットフォームやサスペンションなどの基本骨格は次期GSラインアップ共通としながら、2.5LV6エンジン「4GR-FSE」を搭載することで、GS450hをトップエンドとするラインアップのスマートサイジング化を図っている。
  また、「4GR-FSE」に変速比を最適化した6速オートマチックトランスミッション(6 Super ECT)を組み合わせ、車重を感じさせない十分なパワーと軽快なハンドリング、エモーショナルな加速サウンドを備えている。

なお、次期GS250の日本での発売は、2012年初頭を予定している。

また、本モーターショーのLEXUSスタンドでは、次期GS250のほか、LS600hLやCT200hなどを出展した。
GS250
GS250
  [GS250(中国仕様)主要諸元]
 
全長 (mm) 4,850
全幅 (mm) 1,840
全高 (mm) 1,455
ホイールベース (mm) 2,850
車両重量 (kg) 1,640
エンジンタイプ 2.5LV型6気筒エンジン
最高出力 (kW/rpm) 154/6,400
最大トルク (N・m/rpm) 253/4,800
トランスミッション 6 Super ECT
駆動方式 2WD(FR)
  スピンドルグリル: LEXUSの独自性を継承した逆台形のアッパーグリルに、台形のロアグリルを組み合わせたスピンドル形状のグリル。空力・冷却などの性能向上を活かした造形とし、今後のLEXUSフェイスの方向性を示唆

以上