2013年10月10日

FUN TO DRIVE,AGAIN.

トヨタ自動車、メセナ アワード2013「タムタムしま賞」を受賞

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、社会貢献活動の一環として運営するアートマネジメント総合情報サイト「ネットTAM(タム)http://www.nettam.jp/)」が、公益社団法人企業メセナ協議会が主催する「メセナ アワード2013」において、メセナ賞の一つとして「タムタムしま賞」を受賞したと発表した。

  ネットTAM(タム)は、全国各地における芸術・文化の基盤整備並びに芸術・文化に携わる人材の育成を目的に、公益社団法人企業メセナ協議会と連携して運営する、日本初のアートマネジメントに関する総合情報サイトである。
  同サイトは、トヨタが1996年より8年間、全国32地域で53回開催してきた「トヨタ・アートマネジメント講座(TAM(タム))」を前身として、2004年10月に開設。座学を通じて培った情報を掲載しており、様々な角度からアートマネジメントを解説するコラムや、芸術・文化活動の第一線で活躍される方々のエッセイ、関連年表、参考文献等の情報を網羅的に紹介している。さらに、アートマネジメントに関心のある方々が、求人やイベント等の情報を相互に交換できる場として、掲示板も設置している。

  今回の受賞は、WEBによる情報発信で「アートマネジメント」の概念を社会に広げ、アートに携わる人々の下支えをしていること、アートの現場が求める人材と働きたい人とのマッチングに貢献し、雇用を生み出していることなどが評価されたもの。また、「タムタムしま賞」という賞名は、更なる芸術・文化振興への願いが込められ、より多くのアクセスがあるようにとの意から名付けられた。

  なお、トヨタは今後も、アートマネジメント活動のさらなる充実を目指し、コンテンツの拡充、利便性の向上に向け、活動に取り組んでいく。
  *TAM(タム):トヨタ・アートマネジメント(TOYOTA ART MANAGEMENT)の略
  <ご参考>メセナ アワード
公益社団法人企業メセナ協議会が文化的に豊かな社会、地域づくりに対する一般の関心を高め、それらに取り組む企業・企業財団への理解促進を目指し、1991年に創設した顕彰制度。
2012年度に実施された企業や企業財団のメセナ活動の中で、芸術文化の向上・普及への貢献度、地域文化の醸成、企業の主体性・独自性、活動の発展性・革新性・継続性などの観点より評価し、優れた活動を表彰。
本年度は107件の応募の中から、外部の有識者により優秀企業を選考。メセナ大賞、文化庁長官賞のほか、評価された点が名称に反映されるメセナ各賞など、計7賞あり。トヨタは今回で6回目の受賞。

以上