2013年10月29日

FUN TO DRIVE,AGAIN.


トヨタ自動車、環境・リサイクル関連の取り組みが
評価され、政府表彰をダブル受賞

―リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰 「内閣総理大臣賞」、
資源循環技術・システム表彰 「レアメタルリサイクル賞」を受賞―

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、リデュース・リユース・リサイクル推進協議会主催の「平成25年度 リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰」において、トヨタのリサイクル関連の取り組みが総合的に評価され、「内閣総理大臣賞」を豊田通商(株)と共に、10月25日に受賞、本日表彰式が行われた。
  また、産業環境管理協会主催の「平成25年度 資源循環技術・システム表彰」では、レアメタルの1つであるタングステンのリサイクルシステムが評価され、「レアメタルリサイクル賞」を、住友電気工業(株)と共に10月11日に受賞した。

  日本でモータリゼーションが進展し始めた1970年、トヨタは、将来のクルマの大量生産・廃棄時代を見据え、自動車メーカーとして世界で初めてシュレッダープラント「豊田メタル(株)」を豊田通商(株)と共に設立。以来、使用済車の適正処理と、多くの世界初となるリサイクル技術の開発、回収システムの構築に、トヨタグループ全体で積極的に取り組んできた。

  多岐に亘る取り組みの中でも近年、特に力を入れているのが、全世界で累計570万台(2013年9月末時点)と、販売台数が急拡大しているハイブリッド車に関するリサイクルである。
トヨタは、ハイブリッド車の普及でCO2削減・省エネルギー等に取り組むと共に、その使用済ニッケル水素電池の世界初のリサイクルや、モーター磁石のリサイクル等にも取り組み、更なる環境への貢献を目指している。
【ニッケル水素電池のリユース・リサイクル】
  1998年以来、国内で廃車となったハイブリッド車の8割程度にあたる約3万台分のニッケル水素電池を回収し、検査・選別の上、電池to電池リサイクルのほか、定置用蓄電池として活用。
電池to電池リサイクル
    従来はステンレス原料としてリサイクルしていたが、含有ニッケルの高度な選別・抽出技術を住友金属鉱山(株)とともに開発し、2010年、世界で初めて、新しいニッケル水素電池の原料として再利用する事業を開始。
定置用蓄電池への活用(リユース・リビルト)
    2012年、世界で初めて、回収したニッケル水素電池を組み合わせ、定置型蓄電システムとして再利用する技術を開発。2013年より(株)トヨタタービンアンドシステムがトヨタ販売店への販売を開始。
【モーター磁石のリサイクル】
  2012年、世界で初めて、ハイブリッド車のモーター磁石からのレアアース(ネオジム、ジスプロシウム)リサイクルシステムを構築。希少な資源の有効利用に積極的に取り組んでいる。
  また、トヨタはハイブリッド車以外のレアメタルリサイクルにも取り組んでいる。超硬工具等に使用されているタングステンについて、2010年、トヨタは住友電気工業(株)と連携し、リサイクルシステムを事業として確立。使用済超硬工具の分別回収と、世界初のリサイクル新技術を組み合わせ、使用済超硬工具中のタングステンを100%回収・再資源化、これまでに約75tのリサイクルを実施した。

  トヨタは、環境問題を経営の最重要課題の一つと位置づけ、今後も、地球上の限りある資源を大切に、持続可能な循環型社会の構築へ向け、さらに取り組みを強化していく。
<トヨタのこれまでの取り組み>
取り組み 備考
1970年 将来の使用済車大量発生時代を見据え、「豊田メタル(株)」を設立 ・自動車メーカーで世界初
・累計 約650万台をリサイクル

(1972年~2012年)
1973年 トヨタ生産工場での切削オイル等の処理・リサイクル会社「豊田ケミカルエンジニアリング(株)」を豊田通商が設立 ・廃油処理・リサイクル量3万kL (2008年~2011年)
1985年 排ガス触媒貴金属の回収・リサイクル会社の「豊通リサイクル(株)」を豊田通商が設立 ・累計 約1,600万個をリサイクル
(1985年~2012年)
1992年 社長を委員長とする「トヨタ環境委員会」を設置  
1996年 「バンパーリサイクル」を全国展開 ・累計 約1,000万本をリサイクル
(1996年~2012年)
1998年 豊田メタル(株)に「ASRリサイクルプラント」を設置、量産稼働開始※ASR;Automobile Shredder Residue (自動車シュレッダーダスト) ・ASR専用プラントとして世界初
・累計 2,200万台のトヨタ車の防音材へリサイクル

(1998年~2012年)
使用済みハイブリッド車の「ニッケル水素電池 回収・リサイクルシステム」を構築 ・累計 約3万個のバッテリーを回収
(1998年~2012年)
2001年 豊田メタル(株)内に「自動車リサイクル研究所」を設置 ・外部専門機関の設置は自動車メーカーとして世界初
中古部品のネットワーク販売会社の「(株)エコライン」を豊田通商が設立 ・年間 約20万個の中古部品を取扱い
トヨタの全国部品共販店へ「中古部品eコマース」の仕組みを展開 ・累計 約60万個の中古部品を販売
(2001年~2012年)
2003年 2015年を目標とした「トヨタリサイクルビジョン」を策定  
トヨタオリジナルの「リサイクル設計」を反映した「ラウム」を発売  
トヨタで初めて「バイオプラスチック素材」を部品に採用 ・世界初
2005年 トヨタ生産工場の「アルミリサイクル事業」を開始、全世界13か所のトヨタの工場で展開 ・累計 約250万tをリサイクル
(2005年~2012年)
2007年 クルマの「リサイクル実効率95%」を達成  
2009年 海外でのニッケル水素電池 回収システム構築に向け、「リサイクルガイダンス」をハイブリッド車導入国へ展開  
2010年 ハイブリッド車のニッケル水素電池の「電池to電池リサイクル」を開始 ・世界初
「タングステンリサイクル」を開始 ・累計 約75tをリサイクル(世界初)
(2010年~2013年8月)
2011年 クルマの「リサイクル実効率99%」を達成  
2012年 ハイブリッド車の「モーター磁石toモーター磁石リサイクル」を開始 ・世界初
2013年 使用済ニッケル水素電池の「定置用蓄電池へのリユース」を開始 ・世界初
新型SAIにて「エコプラスチック・リサイクル樹脂材の使用率20%」をトヨタで初めて達成  
「資源循環技術・システム表彰」「レアメタルリサイクル賞」を受賞 ・自動車メーカー初 受賞
「リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進功労者等表彰」「内閣総理大臣賞」を受賞 ・自動車メーカー初 受賞
◇「トヨタの環境取り組み」 HP:http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/report/er/
◇3R推進協議会「平成25年度 3R推進功労者等表彰」HP:http://www.3r-suishinkyogikai.jp/
◇産業環境管理協会「平成25年度 資源循環技術・システム表彰」HP:http://www.jemai.or.jp/

以上