2013年09月09日

FUN TO DRIVE,AGAIN.

トヨタ、インドネシアで低価格・低燃費車「アギア」の販売を開始
ダイハツとの協業で新たな市場を開拓

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)のインドネシアにおける車両販売会社であるトヨタ・アストラ・モーター(PT. Toyota Astra Motor、以下TAM )は、本日、インドネシアにおいて、新型車「アギア(AGYA)※1」の販売を開始した。

  販売価格は、99百万ルピア(約85万円)~120百万ルピア(約103万円)※2で、2013年月販目標台数は、5,000台。本日、ジャカルタ市内で行われた記者発表会に出席したTAMのジョニー社長は「本日、アギアを販売開始することができ、大変うれしく思う。インドネシアのお客様のニーズを徹底追及したクルマであるアギアが、インドネシアのお客様の注目の的となると信じている」と語った。

  「アギア」は、ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)が企画・開発したモデルであり、ダイハツのインドネシアにおける車両生産会社であるアストラ・ダイハツ・モーター(PT. Astra Daihatsu Motor、以下ADM)で生産し、TAMがトヨタブランドで販売する。ダイハツブランドである「アイラ(AYLA)」も、本日、ダイハツの車両販売会社であるアストラ・インターナショナル(Astra International)より販売を開始した。

  低価格と低燃費を実現した「アギア」「アイラ」は、インドネシア政府が制定したLCGC(Low Cost Green Car)政策※3初の認定車となる。

  これまでもトヨタは、ダイハツとの協業で、「アバンザ」(ダイハツブランド名:「セニア」)など、インドネシアのお客様のニーズに合わせたクルマを提供してきた。「アギア」「アイラ」も、エントリーユーザー向けのファミリーカーとして、インドネシアの新たな市場の開拓を目指す。

  今後も、トヨタは、グループ会社とともに、インドネシアにおける自動車産業の発展に向け尽力するとともに、インドネシアのお客様にご満足いただける商品を展開していく。
※1 古代インドネシア語で「Fast(速い)」の意味。
※2 1ルピア=0.008524円換算(9月6日為替レート)
※3 低価格で燃費が良いクルマの普及を促進する政策。認定車には、税制上の優遇措置が与えられる。
[諸元]
駆動方式 FF
エンジン 1KR 998cc
トランスミッション 4AT/5MT
乗車定員(名)
全長×全幅×全高 (mm) 3600×1600×1520(ベース車)
車両重量(kg) 740(ベースMT車)
トヨタ アギア(AGYA)

以上