2013年05月17日

FUN TO DRIVE,AGAIN.

トヨタ自動車、自動車リサイクル法に基づく
2012年度再資源化等の実績を公表

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、自動車リサイクル法*1に基づく、ASR*2・エアバッグ類・フロン類の特定3物品の2012年度(2012年4月~2013年3月)再資源化等の実績を公表した。

  自動車リサイクル法において、自動車メーカー等は特定3物品の引取り、リサイクル・適正処理の義務を担っている。トヨタは、ASRについては豊通リサイクル(株)に、エアバッグ類およびフロン類については業界共同で設立した一般社団法人 自動車再資源化協力機構に業務委託し、全国における特定3物品の引取り・リサイクル・処理を適正かつ効率的に行っている。

  その結果、トヨタの2012年度再資源化等実績は、ASRの引取りが78万台、重量にして17万トンで、うち16万トンを再資源化した。ASR再資源化率は通年で約94%となり、07年度より継続して2015年度法定基準70%を大幅前倒しで達成、車両のリサイクル実効率*3に換算すると約99%の結果となった。
(ASR再資源化率推移:2007年度76%、2008年度80%、2009年度81%、2010年度85%、2011年度93%)

  また、エアバッグ類の引取りは55万台(203万個)で、回収での再資源化率は94%と、法定基準85%を上回る水準を確保した。フロン類についても適正に破壊処理を行った。
(各実績の詳細については別紙参照)

  なお、トヨタが特定3物品の再資源化等に要した費用総額は、社内のシステム関連費、専任人件費を含めて78.6億円となり、お客様からの預託金総額85.6億円を7.0億円下回った。これにより、自動車リサイクル法施行後の2004年度からの累計収支は7.4億円の赤字から0.3億円の赤字に減少した。今後も中長期で収支のバランスが取れるよう取組んでいく。
  *1. 正式名称は「使用済自動車の再資源化等に関する法律」
*2. ASR:Automobile Shredder Residue (自動車シュレッダーダスト)
*3. 解体・シュレッダー工程までで再資源化される比率約83%(03/5合同審議会資料より引用)に、残りのASR比率17%とASR再資源化率 約94%を乗算したものを合算して算出

以上

<別紙>
自動車リサイクル法に基づく2012年度 再資源化等の実績
1.対象期間   2012年4月1日 ~ 2013年3月31日
2.再資源化等の状況
項  目 2012年度
(2012/4~2013/3)
<参考>2011年度
(2011/4~2012/3)
ASR
※1
引取台数 引取使用済自動車台数
733,440
616,786
委託全部利用引渡解体自動車台数
43,665
43,085
合  計
777,105
659,871
引取量 引取ASR重量
161,361 t
134,764 t
委託全部利用引渡ASR相当重量
9,293 t
9,199 t
合  計【A】
170,654 t
143,963 t
再資源化
重量
再資源化施設再資源化重量(①-②)※2
①施設投入重量
②施設排出残渣重量
151,816
158,866
7,050
t
t
t
125,141
132,872
7,731
t
t
t
委託全部利用再資源化重量(③-④)
③委託全部利用したASR相当重量
④排出残渣重量
9,201
9,293
92
t
t
t
9,113
9,199
86
t
t
t
合  計【B】
161,017 t
134,254 t
エアバッグ類 引取台数 取外回収台数
91,139
75,676
車上作動台数
454,535
340,914
一部取外回収/一部車上作動台数
4,412
2,811
合  計
550,086
419,401
引取量 取外回収個数 ※3
244,297
179,638
車上作動個数
1,781,080
1,293,598
合  計
2,025,377
1,473,236
再資源化
重量
再資源化施設の引取重量【C】※4
170,653 kg
120,177 kg
再資源化重量【D】
159,844 kg
112,520 kg
フロン類 引取台数 CFC引取台数
30,475
39,082
HFC引取台数
622,995
511,880
合  計
653,470
550,962
引取量 CFC引取重量
7,430 kg
9,590 kg
HFC引取重量
184,225 kg
150,090 kg
合  計
191,654 kg
159,681 kg
  ※1. ASR :Automobile Shredder Residue 自動車シュレッダーダスト
※2. ASR再資源化施設の基準適合状況は、下記の豊通リサイクル(株)のホームページを参照
http://www.toyotsurecycle.co.jp/ASR/asr-receipt02.html
※3. エアバッグ類の取外回収個数は指定引取場所において引き取った個数
※4. 指定引取場所に引き取った後、再資源化施設で引き取ったエアバッグ類の重量
注1) 上表の合計欄の数値は、各項目の四捨五入の関係上、一致しない場合があります。
3.基準の遵守状況
項 目 基 準 2012年度
(2012/4~2013/3)
<参考>2011年度
(2011/4~2012/3)
再資源化率 ASR
※上表の【B】/【A】
30%以上(2005年度~2009年度) 94% 93%
50%以上(2010年度~2014年度)
70%以上(2015年度~)
エアバッグ類
※上表の【D】/【C】
85%以上 94% 94%
4.払い渡しを受けた預託金および再資源化等に要した費用 (単位:円)
  2012年度(2012/4~2013/3) <参考>2011年度(2011/4~2012/3)
払い渡しを
受けた預託金
再資源化等に
要した費用
収 支 払い渡しを
受けた預託金
再資源化等に
要した費用
収 支
ASR 5,831,547,622 5,387,582,953 443,964,669 4,863,572,152 4,666,537,564 197,034,588
エアバッグ類 1,293,555,000 1,207,338,255 86,216,745 960,516,629 922,348,751 38,167,878
フロン類 1,437,402,530 1,262,872,304 174,530,226 1,196,594,533 1,091,045,732 105,548,801
合 計 8,562,505,152 7,857,793,512 704,711,640 7,020,683,314 6,679,932,047 340,751,267

以上