2013年04月11日

FUN TO DRIVE,AGAIN.

トヨタ自動車、仏ストラスブール市でPHV実証実験終了式典を実施

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ) は、本日、フランス電力公社(Électricité de France、以下、EDF)、およびストラスブール市と3年間にわたり共同で行ってきたプラグインハイブリッド(以下、PHV)実証実験が終了したことを発表した。

  ストラスブール市で行われた終了式典には、トヨタの欧州統括会社であるトヨタ モーター ヨーロッパ(Toyota Motor Europe NV/SA)のミシェル・ガルデル環境兼渉外広報担当副社長が出席。挨拶で「プロジェクトに参画してくれたストラスブール市民のおかげで、PHV技術を更に普及させるための貴重なデータを得ることができた。本実証実験で得られた結果をもとに、よりお客様に喜んでいただける技術を提供していきたい」と語った。

  本実証実験は2010年4月に開始。ストラスブール市に約70台のプリウスPHVを投入し、EDFが市内に設置した145基の専用充電スタンドを活用し、車両識別や情報交換を行いながら、実証データを蓄積してきた。3年間の実証実験による総走行距離は400万キロメートルに達し、1日に1.1回の充電で、同じサイズのガソリン車と比べ、石油消費量を平均46%削減できることが実証された。

  トヨタは既に、各種実証実験で得られたデータを車両に反映した上で、2012年にプリウスPHVの販売を開始。これまでにグローバルで累計約3万台を販売している。トヨタは、「エコカーは、普及してこそ環境への貢献」との考えのもと、外部からの電気利用により、化石燃料の消費抑制やCO2排出量の削減などの効果が期待できるPHVを「HVにつぐ次世代環境車の柱」と位置付け、本格的な普及に向け取り組んでいる。

<ご参考> 仏ストラスブール市におけるPHV実証実験概要
実施期間 2010年4月から3年間
使用車両 プリウスPHV 約70台
内  容 トヨタ、EDF、ストラスブール市の三者共同で実施。
トヨタは、プリウスPHV約70台を投入し、PHVの使われ方、充電の回数と、それらが燃費に与える影響等について検証を実施。
EDFは、市内に車両識別や課金情報管理を行う機能を有する専用充電スタンド145基を設置。PHVの一部車両は充電プラグを介し充電スタンドと情報交換が可能。

以上