2012年12月27日

元従業員等による不適切な支払について

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、元従業員等による不適切な支払があったことを発表した。
当件は、車両開発に係る新たなコンセプトの研究・調査業務に携わっていた元従業員等が、2009年度から2011年度までの3年間に、業務性が不明瞭な支払を含めて取引先に立て替えさせ、業務委託費の名目で支払を行っていたもので、本年5月に発覚した。

  業務性の不明瞭な支払として、詳細な調査・検討の対象となっている金額は約3億円にのぼり、そのうち数百万円が、元従業員等から社内への請求と二重請求となっていたことが判明した。

  トヨタは、不適切な支払に関与した元従業員等に対して、社内規定に基づき厳正な処分を行った。
また、今回の不適切な支払が行われたことを厳粛に受け止め、今後は、このようなことが発生しないよう、全社をあげて再発防止策の徹底に取り組んでいく。

  株主の皆様をはじめ関係者の方々には、多大なるご迷惑とご心配をお掛けすることになりましたことを、ここに深くお詫び申し上げます。


以上