2012年11月12日

Integrated Safety

トヨタ自動車、
ITS技術の早期実用化をめざし、「ITS実験場」を新設

―3.5haの敷地に700MHz帯電波が利用できる路車間通信装置などを設置―

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、ITS*1技術を活用して交通事故の低減を目指す、「ITS実験場」をトヨタの東富士研究所(静岡県裾野市)に新設し、本格運用を開始した。

  今回新設したITS実験場では、3.5haの敷地内に、一般道路や信号機を忠実に再現した市街地コースを整備。さらに、総務省より2011年12月にITS向け周波数として割り当てられた700MHz帯の電波が利用可能な路車間通信装置、車両検知装置、歩行者検知装置、コース監視装置、交通信号機・制御装置などを設置している。なお、700MHz帯の電波は、回折しやすく、広範囲に送受信できるので、見通しの悪い交差点でのクルマとの通信などに有効である。

  トヨタはITS実験場の本格運用により、市街地や交差点でのクルマ・歩行者との事故防止を目指した安全運転支援システムや、燃費向上を目指した環境システムの研究・開発を加速する。クルマと道路インフラ(路車間)に加えて、クルマとクルマ(車車間)、あるいはクルマと歩行者(歩車間)が直接通信し、連続的に情報交換することによって、見通しの悪い交差点でのクルマや歩行者との事故防止を目指した次世代のインフラ協調型安全運転支援システム*2の研究・開発を進める。専用のITS実験場で、道路環境が様々に変化する公道では実施困難な試験・評価を繰り返し実施することで、より信頼性の高いシステムの早期実用化を目指す。

  トヨタは、モビリティ社会の究極の願いである「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するため、安全技術・車両開発の方向性を示す「統合安全コンセプト*3に基づき、車両に搭載された個々の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」に邁進するとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化していく。
ITS実験場 路車間通信のサンプル画像
*1 ITS:高度道路交通システム(Intelligent Transport Systems)
*2 インフラ協調型安全運転支援システム:
ITSのひとつで、ドライバーから直接見ることのできない情報を、道路に設置された通信インフラや他の車両などから無線通信によって受信しドライバーに知らせることで、安全運転の支援や事故防止につなげるシステム
*3 統合安全コンセプト:車両に搭載された個々の安全技術・システムを独立で考えるのではなく、連携を図り、全てのステージにおいて、最適なドライバー支援を追求していくという考え方

以上