2011年11月09日

FUN TO DRIVE,AGAIN.

トヨタ、中国の広汽トヨタエンジン工場で
新型エンジンの生産開始

  トヨタ自動車(株)(以下、TMC)は、広州汽車集団股份有限公司(以下、広汽集団)と共同で設立した広汽トヨタエンジン有限会社(GAC TOYOTA ENGINE CO.,LTD. 以下、GTE)で、新型直列4気筒エンジン(以下、ARエンジン)の生産を10月から開始した。

  今回、生産を開始したARエンジンは、2.5L、2.7L、及び2.5Lハイブリッド用エンジンの3種であり、そのうち2.5Lエンジンは近日、中国で発売予定の新型カムリに搭載される。ARエンジンはトヨタの先端技術を集約した先進のエンジンであり、大排気量にも関らず低燃費、高い最高出力、排出ガスのクリーン化、静粛性などを、高次元でバランスさせている。なお、今回のARエンジン生産開始に伴うGTEへの追加投資額は、9,600万米ドルとなる。

  GTEは、中国におけるエンジン及び部品の供給拠点として2004年に設立され、2005年から生産を開始し、2009年には生産累計100万基を達成した。GTEにおけるARエンジンの生産は、今後中国において燃費、排ガスの規制強化に対応する車種の需要が堅調と見込まれること、また、「需要のある地域で生産する」の考え方に沿い、中国地域における現地生産を推進するため、決定したものである。

  トヨタでは、「クルマづくりを通じて地域社会に貢献する」という創業以来の理念のもと、今後もお客様や社会を豊かにする“もっといいクルマ”づくりに努め、新規雇用の創出や人材育成を通じて、中国の自動車産業の発展に向け努力していく。
<会社概要>  
会社名 広汽トヨタエンジン有限会社(GAC TOYOTA ENGINE CO.,LTD.)
所在地・面積 広州市南沙経済開発区(約31万m
代表 董事長; 佐々木昭、副董事長; 袁 仲栄、総経理; 玉野 亨、副総経理; 黎 明
資本金/出資比率 2億4000万米ドル/
トヨタ70%(TMC57.6%、トヨタ自動車(中国)投資有限会社 12.4%)、広汽集団30%
設立時期 2004年2月
従業員数 約1500名(2011年9月末時点)
生産実績 約44万基(2010年)
  ARエンジン生産前 ARエンジン生産後
生産品目 ▽AZエンジン
   (2.0L、2.4L、2.4Lハイブリッド用)
▽その他エンジン部品
▽AZエンジン
   (2.0L、2.4L、2.4Lハイブリッド用)
▽ARエンジン
   (2.5L、2.7L、2.5Lハイブリッド用)
▽その他エンジン部品
生産能力(定時) 50万基/年 同左
投資額 4億9200万米ドル 追加投資額 9600万米ドル

以上