2011年04月25日

トヨタ自動車、マレーシアにおいて生産累計100万台を達成

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)のマレーシアにおける生産会社Assembly Services Sdn. Bhd.(以下、ASSB)は累計生産台数が100万台に達したことを記念し、4月25日記念式典を行った。

  式典にはマレーシアのムスタパ・モハメド国際貿易産業相を来賓に迎え、ASSBの大前工場長、販売代理店UMW Toyota Motor Sdn. Bhd(以下、UMWT)のタン スリ アスマット カマルディン会長らが出席。アスマット会長は「生産累計100万台を達成できたことを嬉しく思う。今後もマレーシアのお客様に喜んでいただけるクルマづくりを行っていきたい。」と語った。国民車メーカー以外で生産累計台数が100万台を達成したのはトヨタが初めてとなる。

  トヨタはマレーシアにおいて1968年に「カローラ」の生産を開始。2000年には生産累計50万台を達成しており、2006年よりタイへハイエースの輸出を開始。また、2012年よりカムリの現地生産を開始予定。トヨタはマレーシア政府の提唱するルック・イースト政策*1に則った活動や、知識や技術向上のためのトレーニングセンターの設立など人材育成にも力をいれ、生産開始以降43年間に亘り、一貫して地域に根付いた企業活動を行ってきた。

  トヨタは、本年3月に公表した『グローバルビジョン』において、新興国の活動を強化していくことを表明。今後も、各地域で「お客様の期待を上回るクルマづくり」を行い、お客様の笑顔をひろげていくとともに、「いい町・いい社会」づくりへ貢献していく。

*1 日本等に留学生・職業人を派遣して労働倫理、経営能力等を学ばせる構想。
<ご参考>ASSB・UMWT概要
会社名 Assembly Services Sdn. Bhd.
工場長 大前 英喜
事業内容 車両の製造
生産車種 ヴィオス、ハイラックス、フォーチュナー、イノーバ、ハイエース
10年生産実績 約6.9万台
株主構成 UMW Toyota Motor Sdn. Bhd. 100%
従業員数 約2,800名(2011年3月現在)
会社名 UMW Toyota Motor Sdn. Bhd.
社長 イスメット スキ
事業内容 車両/部品の輸出入および販売
10年販売実績 約9.2万台
株主構成 UMW Holdings(51%)、トヨタ自動車(39%)、豊田通商 (10%)
従業員数 約3,400名(2011年3月現在)

以上