2011年04月21日

トヨタ自動車、ニューヨーク国際オートショーに
小型FRスポーツカー「FR-S concept」を出展

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、米国ニューヨークで開催される2011年ニューヨーク国際オートショー(4月20日、21日:プレスデー、4月22日~5月1日:一般公開日)に、小型FRスポーツカー「FR-S*1 concept」を出展した。

  「FR-S concept」は、富士重工業(株)(以下、スバル)とトヨタのクルマづくりへの思いが一致し、共同開発を進めている新世代の小型FRスポーツカーのScionブランドコンセプトモデルである。
  今回のニューヨーク国際オートショーで、トヨタは、小型FRスポーツカーに搭載するスバルの水平対向エンジンに、筒内直接噴射とポート噴射を併用するトヨタのD-4S*2を採用することを公表した。世界唯一のD-4S採用の水平対向エンジンにより、高出力と高い環境性能の両立を図る。

  なお、トヨタは、米国では小型FRスポーツカーをScionブランドより、販売する予定である。
*1 FR-S:Front-engine Rear-wheel drive Sport
*2 D-4S:Direct injection 4 stroke gasoline engine Superior version
FR-S concept
【FR-S concept主要諸元】
全長 (mm) 4,272
全幅 (mm) 1,816
全高 (mm) 1,204
ホイールベース(mm) 2,570
エンジン 2.0L水平対向4気筒DOHCエンジン

以上

関連リンク:モーターショー2011