2010年11月18日

トヨタ自動車、2010年LAオートショーで
テスラと共同開発の電気自動車コンセプトモデル「RAV4 EV」を発表

―EV航続距離は、実走行環境で100マイル程度を目指す―

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、11月17日(水)から28日(日)まで米国ロサンゼルスで開催される2010年LAオートショーに、テスラモーターズ(以下、テスラ)と共同開発を進めている電気自動車のコンセプトモデル「RAV4 EV」を出展した。

  「RAV4 EV」は、ユーティリティー性の高いRAV4のボディをベースに、テスラのEVシステムを搭載し、実走行環境で100マイル(約160km)程度のEV航続距離を目指したコンセプトモデルである。今後は、2012年米国での市販化に向けて、米国が中心となって車両の開発をさらに加速させていく。

  テスラとトヨタは本年5月、電気自動車とその部品の開発、生産システム、及び生産技術に関する業務提携を行うことで基本合意。トヨタはベンチャー企業であるテスラから、電気自動車の技術やチャレンジ精神、意思決定のスピード、柔軟性を学ぶことを狙いとしている。
  またテスラはトヨタのもつ車両の開発・生産に関するノウハウを学ぶことを狙いとしている。

  トヨタでは、1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売し、これまでの累計販売台数は200万台を突破。また、1996年にニッケル水素電池を市販車として世界で初めて搭載した「RAV4 EV」(初代)を発売し、2003年までに約1,900台を販売。このように、トヨタでは電気をはじめとした代替エネルギーの利用促進により、石油消費の抑制、CO
2排出量の削減に取り組んでいる。
RAV4 EV

以上