2010年11月30日

トヨタ自動車、スマートフォン向けテレマティクス*1サービス
「スマートG-BOOK」を開発

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、これまで同社の純正ナビゲーションで利用可能のテレマティクスサービス「G-BOOK」を、一般のスマートフォンで利用できるよう開発し、「スマートG-BOOK」として本年12月1日よりサービス提供を開始する。

  「スマートG-BOOK」は、専用のアプリケーションをネットワークからダウンロードすることにより、iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンで利用できる。主なサービス内容は、「音声ガイド付通信ナビ(目的地までのルート案内)」に加えて、オペレーターに口頭で目的地の設定を依頼できる「オペレーターサービス」、事故や急病時に、現在位置を自動送信して、緊急車両を要請できる緊急通報サービス「ヘルプネット」、自宅のパソコンで作成したドライブ計画を共有できる「ドライブプラン」など、純正ナビゲーションと同等のG-BOOKサービスが利用できる。

  特に、オペレーターサービスでは、オペレーターに会話で希望の施設や地名の検索を依頼でき、目的地がスマートフォンに送信されるので、あいまいなリクエストにも対応でき、かつ、手入力による検索の手間や、音声入力による誤認識がなく、スマートフォンによるナビをより簡単に利用できる。
  また、緊急通報サービスヘルプネットでは、スマートフォンが衝撃を検知すると緊急通報ボタンが自動的に表示され、お客様が動揺した際でも確実に通報できる「通報支援機能」も提供する*2

  「スマートG-BOOK」の利用料金については、「ヘルプネット」は、安心安全サービスを広く普及させたいとの観点から無料で提供する。音声ガイド付き通信ナビとオペレーターサービスは、セットで6カ月間900円にて提供する。なお、トヨタの販売店でauのスマートフォンを購入した場合、スマートG-BOOK登場キャンペーン期間中(12/1~3/末)は、同サービスが6カ月間無料で利用できる。

  トヨタは、「スマートG-BOOK」により、純正ナビゲーション以外のお客様に対しても、緊急通報サービスや、オペレーターサービス等を、幅広く普及させることを通じて、安心・安全・快適なカーライフの実現に貢献したいと考えている。
*1 テレマティクス:テレコミュニケーション(通信)とインフォマティクス(情報工学)から生まれた造語。
クルマなどの移動体に情報通信端末を搭載し、無線ネットワークとデータセンターを通じたサービス
*2 Android搭載のスマートフォン向け機能
【smart G-BOOKの概要】
  (1)主なサービス内容
 
ナビゲーション
目的地までの
ルート案内
目的地設定方法
オペレーターによる検索サポート
検索エンジンの検索結果より
ドライブプランのメモリ地点や登録ルート
音声ガイダンスによるルート案内
自動リルート
プローブ交通情報
渋滞を考慮した到着予想時刻の案内
徒歩ナビ
ヘルプネット
事故や急病時、現在位置を自動送信後に専門のオペレーターに接続、緊急車両を要請可能
ドライブプラン
メモリ地点や登録ルートをパソコンと相互利用可能
G-BOOK
会員メニュー
カーセキュリティ設定、エコ運転診断等
  (2)サービス対象:
  G-BOOK会員または、GAZOO会員
  (3)利用価格:
  Android/iPhone:6カ月間900円(税込み)
※iPhone向けは、12月1日以降でのサービス開始予定
【オペレーターによる目的地設定の流れ】

オペレーターによる目的地設定の流れ

【主な画面】

主な画面

以上