2010年11月18日

トヨタ自動車、今後の環境技術への取り組み計画を公表

-2012年までに新型HVを11モデル投入、PHVは300万円程度で市販開始-

 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、本日、電気をはじめとした代替エネルギーの利用促進による石油消費の抑制、 CO2排出量の削減を目指したエコカーの開発・投入計画や次世代二次電池の研究成果など、今後の環境技術への取り組みを公表した。

 具体的には、エコカーについて、今後2年程度の期間での、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の新商品投入モデル数や目標とする価格を明らかにした。また、電気自動車 (EV)については、2012年の市場投入に向け開発を進めており、市販車のiQをベースとしたEVの試作車を公開した。なお、テスラモーターズと共同開発したRAV4 EVは、開催中のロサンゼルスオートショーに出展している。
 また、水素を利用し電気エネルギーに変換して走行する燃料電池自動車(FCV)は、セダンタイプの新型モデルを開発し、市場投入を見込む2015年頃には、車両価格を大幅に引き下げることを目指す。
 これら電動モーターで駆動するエコカーの幅広い普及の前提として、革新的な高性能化が不可欠とされる電池については、リチウムイオン電池の性能を遥かに超える次世代二次電池に関する研究成果を明らかにした。

 本日新たに公表した内容は以下のとおり。


1.HV
2012年末までに、新車名のHVとモデルチェンジをあわせて、乗用車系11モデルの投入を予定。
11モデルの内、燃費40km/L以上(10・15モード走行)のコンパクトクラスのHVを投入。
2.PHV
2012年の初めまでに、日米欧を中心にプリウスベースのPHVの市販を開始し、年間5万台以上の販売を目指す。
日本での車両価格は、300万円程度を予定。
3.EV
2012年に、米国市場に加え、日本・欧州にもiQベースのEVを導入し、当面は、年間数千台規模の販売を目指す。
日米欧で、2011年から市場導入に向けた走行実験を実施予定。
中国への導入についても検討を進めるとともに、2011年には、走行実験を開始予定。
4.FCV
セダンタイプの燃料電池ハイブリッド車(FCHV)の開発を進め、2015年頃から、日米欧の水素供給インフラが整備される見込みの地域へ投入。
日本での車両価格は、現時点で1,000万円を切るレベルの目処がついており、市場導入に向け、お客様に納得していただける価格の実現を目指し、今後さらなるコスト低減に取り組む。
5.次世代二次電池
全固体電池では、粒子間抵抗の低減に成功し、小型パッケージングが期待できる電池の全固体化に向けて一歩前進。
金属空気電池では、リチウム空気電池の反応機構を解明し、充電可能な二次電池としての研究指針を明確化。
2010年1月にプロセス研究の専門部署を設置し、延べ100人規模の研究体制で研究を加速。


 トヨタは、『エコカーは普及してこそ環境への貢献』であると考えている。エネルギー多様化への対応による低炭素社会の実現に向け、トヨタはこれからも、販売の多数を占める従来型エンジン車の一層の 燃費向上を図るとともに、燃費と動力性能を高いレベルで両立し、様々な燃料との組み合わせが容易で、各種のエコカー開発に必要な要素技術が含まれているハイブリッド技術をキーテクノロジーと位置付け、さらなる高性能化やコスト低減、商品ラインアップの充実に取り組んでいく。

以上