2010年10月05日

トヨタ自動車、先進のエネルギー管理システム
「トヨタ スマートセンター」を開発

―住宅と車のエネルギー消費を最適化し、CO2排出量と費用負担の低減を両立―

  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、低炭素社会の実現に向けた効率的なエネルギー利用を目指したスマートグリッドへの取り組みの一環として、住宅・車・電力供給事業者とそれを使う人を つないでエネルギー消費を統合的にコントロールするトヨタ独自のシステム「トヨタ スマート センター」を開発した。

  このシステムの特徴は、今後普及が予想されるプラグインハイブリッド車(PHV)や電気自動車(EV)、さらには住宅内のエネルギー使用を管理するHEMS(Home Energy Management System)を装備した先進のスマートハウスを活用し、それらが使用するエネルギーと、電力供給事業者からの電力、自然エネルギーによる自家発電電力などにより供給されるエネルギーをあわせて、需要・供給全般を管理・調整するとともに、居住者・車両使用者に情報を提供することで、外部からも コントロールができることである。

  具体的には、車両から送信されるバッテリー残量やHEMSから送信される住宅内の電力消費等の情報と、気象予測データや電力供給事業者の時間帯別料金情報をあわせて総合的に判断し、 生活圏全体におけるCO
2排出量と居住者の費用負担を最小化するように、車両の充電や住宅内の 電力消費を調整する。
  さらに、一般のスマートフォンを活用することにより、外出先からでも情報把握とエネルギーの 使用量を調整することができる。
例えば、PHVやEVでは、バッテリー残量やEV走行可能距離等の確認、充電時間や空調オン・オフの遠隔制御、また、住宅では、電力消費、太陽光パネルによる発電量、家庭用蓄電池の蓄電量、給湯器(エコキュート)の貯湯量の確認はもとより、家庭用蓄電池やエコキュートを遠隔制御 することができる。

  「トヨタ スマートセンター」は、居住者に対して、車両と住宅を合わせた現在のCO
2発生量や 電力消費状況を常時提供するだけではなく、各居住者の生活パターンに応じた最適なエネルギー 消費計画を立て、車両の充電やエコキュートを自動的に制御することもできるため、省エネライフを計画的かつ確実に実践することができる。

  トヨタは、9月16日より「六ヶ所村スマートグリッド実証実験」において、トヨタホーム2棟とPHV8台に対して「トヨタ スマートセンター」を実験的に稼動させており、約2年間にわたる実証実験を通じて、システムのさらなる進化に取り組んでいく。
なお、2012年初めまでに市販を予定しているPHV、さらに一部のトヨタホームにおいても、このシステムによるサービスを提供したいと考えている。

  トヨタは、「トヨタ スマートセンター」により、人と住宅と車をつなぎ、低炭素社会の実現とお客様の快適でクリーンなトータルライフのサポートを目指している。

以上