2010年02月09日

TOYOTA、ヴァンガードをマイナーチェンジ

 TOYOTAは、ヴァンガードをマイナーチェンジし、全国のトヨペット店ならびにトヨタカローラ店を通じて、2月9日より発売した。

 今回のマイナーチェンジでは、2.4L車(2WD)の燃費の向上を図り、環境性能を高めたほか、2.4L車にカラードオーバーフェンダーや18インチアルミホイールを装備するなど、外観により磨きをかけた240S“Sパッケージ”を新設定するとともに、全車内外装の意匠変更および装備の充実により、力強さと上質さを向上させた。

 具体的には、2.4L車(2WD)において、オルタネーターの制御を改良し、燃費を13.2km/L*1(従来型比+0.2km/L*1)に向上、「平成22年度燃費基準*2+25%」を達成。これにより、すでに認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル*3」とあわせ、「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と自動車重量税が75%の減税(従来型は50%)となる。

 外観においては、フロントグリル・フロントバンパー・アルミホイールの意匠を変更するとともに、めっき加飾を施したサイドプロテクションモールやリヤコンビネーションランプを採用するなど、力強く洗練されたスタイルを一層進化させた。なお、外板色には、新設定の3色(ブラッキッシュレッドマイカ・ダークスチールマイカ・ダークグリーンマイカ)を含む、全8色を設定している。

 内装においては、ステアリングホイールの意匠を変更するとともに、ステアリングから手を離さずにシフト操作が可能なパドルシフトを採用した(2.4L全車)ほか、全車にステアリングオーディオスイッチを標準装備し、操作性を向上させた。さらに、質感を高めたシート表皮の採用(「240S」「240S“Sパッケージ”」「350S」)をはじめ、本革シートおよび本革巻き&木目調シフトノブ、木目調ドアスイッチベースを設定する(「240S“Gパッケージ”」「350S“Gパッケージ”」にオプション)など、より上質感のある室内空間を演出している。

 なお、 月販目標台数は、1,500台としている。
  *1 10・15モード走行、国土交通省審査値
  *2 省エネ法に基づき定められている燃費目標基準
  *3 国土交通省の低排出ガス車認定制度
【メーカー希望小売価格】 (北海道、沖縄のみ価格が異なる。単位:円)
グレード 定員
(人)
エンジン 駆 動 トランスミッション 価 格
(消費税込み)
    240S 2AZ-FE
(2.4L)
2WD
(FF)
Super CVT-i
(7速スポーツ
シーケンシャル
シフトマチック)
2,420,000
2,462,000
4WD 2,630,000
2,672,000
  “Sパッケージ” 2WD
(FF)
2,557,000
2,599,000
4WD 2,767,000
2,809,000
“Gパッケージ” 2WD
(FF)
2,717,000
2,770,000
4WD 2,927,000
2,980,000
    350S 2GR-FE
(3.5L)
5 Super ECT 3,070,000
3,112,000
  “Gパッケージ” 3,312,000
3,365,000
Super CVT-i : Super Continuously Variable Transmission-intelligent(自動無段変速機)
5 Super ECT : スーパーインテリジェント5速オートマチック
  価格にはリサイクル料金は含まれない

以上

詳細情報につきましてはこちらをご覧ください。