2009年12月11日

トヨタ自動車、豪州でカムリハイブリッド ラインオフ式を実施

 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)の豪州における関連会社であるトヨタ・モーター・コーポレーション・オーストラリア(Toyota Motor Corporation Australia Ltd. 以下TMCA)が、現地時間12月11日10:50(日本時間同日8:50)に、新たに生産・販売する「カムリハイブリッド」のラインオフ式典を実施した。

 式典は、豪州政府からケビン・ラッド首相、キム・カー技術革新・産業・科学・研究大臣、ジョン・ブランビー ビクトリア州政府首相ほか地元関係者を来賓に迎え、トヨタの布野幸利副社長、TMCAの安田政秀社長らの出席のもと、行なわれた。

 TMCAではアルトナ工場で、年間10,000台のカムリハイブリッドを生産し、うち300台はニュージーランドに輸出する。豪州での発売開始は2010年2月を予定している。

 TMCAは、1959年にトヨタの車両製造/販売拠点として設立し、本年で設立50周年を迎える。1963年ティアラの生産から始まり、2004年には生産累計台数200万台を達成した。また、1996年から中近東への輸出を開始して以来、輸出台数を拡大しており、2008年には生産台数の7割を輸出し、中近東/オセアニア地域のカムリの生産・輸出拠点となっている。

 ラインオフ式に出席した布野副社長は、「世界で5カ国目となるハイブリッド車の生産開始にあたり、関係者の皆様に感謝している。カムリハイブリッド生産開始が、豪州ならびにビクトリア州の環境を重視した自動車産業の発展に貢献できると信じている」と述べた。
  <ご参考:TMCAの概要>
会社名 トヨタ・モーター・コーポレーション・オーストラリア
Toyota Motor Corporation Australia Ltd.(TMCA)
所在地 ビクトリア州メルボルン市
設立年 1959年
社長 安田政秀
株主構成 トヨタ自動車100%
工場名 アルトナ工場
生産能力
(定時)
年産15万台
生産車種 カムリ、カムリハイブリッド、オーリオン
08年生産実績 14.1万台
従業員数 約4,500名 (2009年11月現在)

以上