2009年11月25日

米国トヨタ、フロアマット関連の自主改善措置の件

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、フロアマットによりアクセルペダルが引っ掛かったまま解除できなくなるおそれがある件について、米連邦高速道路交通安全局(以下、NHTSA)との協議を経た結果、米国の対象8モデルに対する自主改善措置内容を決定し、現地25日、米国トヨタ自動車販売より発表した。

 本件は、米国で販売しているトヨタ純正の全天候型フロアマットが、車両に固定せずに使用した場合に、マットが前方に移動し、アクセルペダルが全開付近で引っ掛かったまま解除できなくなる事象である。トヨタは、NHTSAとの協議の結果、自主改善措置としてフロアマットを改良品と交換するとともに、誤って改良前のフロアマットが使用されることも想定し、米国において対象車両のアクセルペダル形状の変更、一部車両のフロア面の形状変更など、車両側の改修を行うことを決定した。

 米国以外で販売しているトヨタ純正フロアマットについては、マットが前方に移動するだけでは、同様の事象にならないことを確認しているが、マットを固定せず使用するとマットがたわんだり、折れ曲がってアクセルペダル開閉の妨げとなる可能性もあることから、車両に適したフロアマットを確実に固定して使用することを適宜お客様にお願いし、事故防止に努める。

 また、今回の改善措置とは別に、米国のレクサスES350および同IS250/350、トヨタ カムリおよび同アバロンのお客様に対しては、一層ご安心いただくために、アクセルペダルとブレーキペダルが同時に踏まれた場合にアクセルが緩む機能を追加することを決定した。

 なお、アクセルが緩む機能については、米国での導入を先行するが、今後販売する他車両についても、モデルチェンジや車両改良の時期を捉え、グローバルに導入していく。

 TMS発表ニュースリリースは別紙のとおり。
以上
<別  紙>
ご参考:11/25 米国トヨタ配信プレスリリース和訳
米国トヨタ、フロアマット関連の改善措置を発表
 米国トヨタ自動車販売(以下、TMS)は25日、フロアマットによりアクセルペダルが引っ掛かったまま解除できなくなるおそれがある事象について、対象8モデル*1のセーフティ・キャンペーンの 改善措置内容について発表した。トヨタは、本件につき、9月29日に「セーフティ・アドバイザリー」を発行しており、10月30日より、対象車種のお客様に対し、取り外し可能な運転席フロアマットを車両から取り除くよう通知するDM(ダイレクト・メール)の送付を開始した。
 今回の改善措置の内容は、以下のとおり。
  1. 従来の全天候型フロアマットが別のマットに重ねて敷かれたり、固定されずに使用された場合もアクセルペダルに干渉しないよう、対象車両のアクセルペダル形状を変更する。なお、一部車両*2については、フロア面の形状も変更する。
  2. 対象車両のお客様がトヨタ純正の全天候型フロアマット(運転席、助手席)を使用している場合は、改良された新しいフロアマットと交換する。
 TMSは改善措置の実施に必要な準備を整えており、ES350、カムリ、アバロンについては、年内にお客様への通知を開始し、2010年初よりディーラーでの作業を開始する予定。
 対象となるその他のモデルについても、現在車種ごとに実施スケジュールの検討を進めており、決定次第、お客様へ順次通知を行う。
 なお、アクセルペダルについて、形状が変更された新しいペダルを現在生産中であり、2010年4月頃より、販売店にて提供可能となる予定。お客様よりご要望があれば、新しいペダルと交換できるようになる。
 また、この改善措置とは別に、今回対象となるレクサスES350および同IS250/350、トヨタ カムリおよび同アバロンのお客様に対しては、一層ご安心いただくために、アクセルとブレーキが同時に踏まれた際に、アクセルが緩む機能「ブレーキ・オーバーライド・システム(Brake Override System)」も追加する。
 なお、今後生産される車両についても、同機能は2010年1月生産分のES350およびカムリを皮切りに標準装備として順次搭載され、2010年中に米国で販売しているほぼ全車種への展開が完了する予定。
 トヨタは従来より、市場で起きた不具合に関するお客様からの情報があれば、徹底した調査を行い、適切な対応を取ってきている。
*1 対象8モデル 07~10MY(モデルイヤー)カムリ、05~10MYアバロン、04~09MYプリウス、05~10MYタコマ、
07~10MYタンドラ、07~10MY ES350、06~10MY IS250/IS350
*2 一部車両 07~10MY ES350、07~10MYカムリ、05~10MYアバロン

以上